先輩メッセージ(研修修了生)

中村 枝里

2012年:
国際医療福祉大学卒業
2012年:
大手調剤薬局入社
2013年:
大手調剤薬局退職
2013年:
東都ファーマシーグループ入社
みさと健和病院に配属
病棟薬剤師として勤務し、整形外科・消化器内科を経験する
2016年:
かまくら薬局へ転籍
病院で得た知識を生かし、在宅医療地域連携にも携わる
研修指導薬剤師となる
Q.役に立った教育・研修制度について
研修制度の中で、様々な臨床を経験することにより、患者さんへの指導も、病態と処方意図を繋げて考えられるようになったことで、様々な角度でアプローチができるようになりました。また、指導薬剤師によるフォローが充実していたことで、知識や技術に自信を持つこともできました。
Q.これからの目標はなんですか?
在宅でも病院のカンファレンスと同様、患者さんの最適な医療を行うために多職種や本人を含めた会議があり、研修経験を活かした薬剤師としての提案、相談応需、情報共有により、最良のケアを提供していきたいです。これらの経験は、今後、他の薬剤師には負けない私の大きな力になると思います。

戸部 亞香音

2014年:
武蔵野大学卒業
2014年:
東都ファーマシーグループ入社
ちぐさ薬局に配属
調剤薬局での業務に携わる
2016年:
柳原病院へ転籍
病棟薬剤師として勤務する
2018年:
みなみ薬局に配属
調剤薬局での業務に携わり、在宅医療にも取り組む
Q.役に立った教育・研修制度について
病棟(急性期病棟、地域包括ケア病棟)が経験できたことです。薬局で2年間しっかり基礎を身につけてから病院研修に行けたので知識や技能を自分の力に変えることができました。チーム医療の一員になり、全員で医療に向かっていく姿勢はこの先も忘れることはありません。『医療とは』が学べた研修でした。
Q.これからの目標はなんですか?
現場での業務を一通り経験し、学びと共に自信もついてきましたが、将来のキャリアを考えた時もっと専門性の高い薬剤師でなければならないと感じています。自己スキルアップのために何ができるか考えている所です。患者さんや職員、誰からも必要だと思われる薬剤師が目標です。

TOP PAGE