在宅医療について

在宅医療のニーズ

高齢化が進行して、長期療養が必要な患者さんが今後も増加してくると言われております。その中でも住み慣れた地域や自宅で療養生活を送りたいと願う患者さんも多くなっておりますが、ご夫婦での老々介護や、一人暮らしと生活状況は様々です。自宅での薬物療法全般のサポートを薬剤師が行うことは、患者さんの服薬状況やADL改善、QOL向上、介護者の負担軽減にもなります。処方内容の精査や処方医への提案など、薬剤師としての知識や技術を駆使した臨床判断が求められています。

在宅医療における薬剤師の役割

在宅医療に取り組む薬剤師も徐々に増えてきましたが、自宅に薬を届けるだけでは患者さん等のニーズに応えているとはいえません。在宅医療では、通常外来では応需しない薬や病態も多く、さらに一人の患者さんに対して様々な職種も関わっており、ジェネラリストとしての薬剤師が必要とされております。そのニーズに応える為にも、臨床知識や技術やコミュニケーション技術を習得する必要があります。東都ファーマシーグループでは調剤薬局の勤務だけではなく、初期研修制度の一環として病院研修制度を取り入れております。多岐に及ぶ処方箋を取り扱うことでの基本知識と技術だけでなく、注射剤や病棟薬剤師としての技術と知識も習得することができ、さらにそれを在宅医療に充分活かすことが可能となっております。

今後の目標

地域包括ケアが進むにつれ、地域における在宅医療の必要性が高まり、今以上に薬剤師が活躍する場が増えてきます。しかし薬剤師だけでは在宅医療は成り立ちません。地域の患者さんや他職種に必要とされる薬局、薬剤師となる為に在宅医療に対して積極的に取り組み、地域医療の一角を担う立場として、今までの実績や経験を活かしつつ、日々変化する時代や状況に対応していきます。そして患者さんにとって薬物療法が有意義になるように、さらなる向上を目指していきます。

在宅医療に興味がある方へ

東都ファーマシーグループでは設立当初から在宅医療に積極的に取り組んでおり、当グループが培ってきた在宅医療に必要な知識などを、地域医療の活性化の為に他企業や薬剤師会にも提供しております。在宅医療の根本だけではなく、時代の先を見据えた取り組みを一緒に進めていきましょう。薬の専門家として、患者さんの病態や生活背景から医師と共に処方設計を積極的に行ったうえで服薬指導や支援を実施して、患者さんだけではなく、他職種からも「必要とされる薬剤師」となり、きっと自分が目指す薬剤師像になれるはずです。

在宅医療で活躍している先輩たち

私が勤務している「たかの薬局」(埼玉県三郷市)は、地域からのニーズの高い在宅医療に力を入れています。私は調剤薬局に勤務後、入職3年目から2年間、希望していた病院研修で注射での治療、病状の変化、治療指針等について学びました。その後、調剤薬局に戻り、現在は調剤業務・DI活動に加えて、在宅医療のリーダーとしても活動しています。病棟業務と類似する在宅医療では病院研修の経験を活かし、他職種と連携しながら、患者さんやそのご家族と深くかかわることができています。今までの経験を活かして、地域に貢献できる 薬剤師を目指して、日々がんばっています。

中村 正美2009年入職「たかの薬局」
(埼玉県三郷市)勤務

私はドラッグストアから転職しました。現在は在宅医療の経験を活かし、グループの在宅医療推進の為に各薬局への指導を行い、在宅医療が円滑に実施できるようにしております。また、在宅医療推進のためのセミナー企画や講師、行政機関に協力して、自治体での地域医療の向上に取り組んでおります。在宅医療は患者さんの生活環境を実際に見てコミュニケーションをとったり、医師や看護師、ケアマネージャーなどとカンファレンスを行い、処方設計にたずさわれたことや、一人の患者さんにより深くかかわることができたのは、とても貴重な経験です。薬剤師として信頼していただき、やりがいも大きく楽しいです。

佐藤 真人2005年入職「たかの薬局」
(埼玉県三郷市)勤務

TOP PAGE